発達障害と子育てについて役立つ情報を発信

横浜市都筑区の運動・学習療育アップ

発達障害のイロハ

ADHDと遺伝の関係性

英語でAttention Deficit Hyperactivity Disorderの略である「ADHD」は発見されてからまだ20数年しか経っていないこともあり、未だ解明されていない部分もたくさんあ

ADHDの疑いがある場合の対処と治療方法

ADHDかもしれないと疑いを持ったら、まずは気軽に無料で相談できる専門機関の相談窓口を利用するのがおすすめです。 なお子どもと大人では行くべき専門機関が異なります。 子どものADHDを相談できる機関

ADHDの診断方法

アメリカの精神医学界「DSM-5」においては、ADHDは次のように定義されます。 もしこの診断基準の中で該当するものが多い場合には、専門機関に相談してみましょう。 A 不注意 次のうち6つまたはそれ以

年齢別のADHDの症状(中高生〜)

中高生(12〜18歳) 中高生のいわゆる思春期の時期には、ADHDの症状が収まるのと引き換えに、学習障害(LD)などの合併症状が目立つことがあります。 他に、対人関係がうまく築けない場合には自閉症など

年齢別のADHDの症状(〜小学生)

乳児(0~1歳) 発達障害は、言語・認知・学習といった発達領域が未発達の乳幼児の段階では、はっきりと症状が現れません。 このため、生後間もない段階でADHDという診断は下せません。 また、ADHDの症

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは発達障害の1つで、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの症状が見られます。 子どもの20人に1人、成人の4