皆さんこんにちは!本日も発達障害等に関する学びや情報交換の場所なることを願って投稿させて頂きます。
今日のトピックは「発達障害が原因のひらがな学習困難」についてです。

お子さんがなかなか、「ひらがな(平仮名)」を覚えられない。
文字の扱いが難しい。
――人知れず、そんな悩みを抱えてはいませんか?

avatar
青木
「そのうちできるようになる」
と思って様子を見ているうちに、どんどん学年が上がって学習困難になってしまうことも……。

他の事はよくできるのに極端に文字だけが苦手なのであれば、発達障害のひとつ「発達性ディスレクシア(読み書き障害)」が原因かも知れません。

発達性ディスレクシアは、早期の支援開始が求められる発達障害です。
一斉授業の多い日本では、周囲も気付かないまま、長い時間つらい思いをすることも少なくありません。

avatar
大竹
鬱(うつ)病などの二次障害も心配ですね……。

どんな症状があるのか? 対策や支援は? そして勉強方法は?
「発達性ディスレクシア」の特徴をはじめ、自宅でも簡単に挑戦できる勉強方法までをまとめました。
ひとりで悩まなくても大丈夫! この記事で一緒に考えていきましょう!

発達性ディスレクシア(読み書き障害)とは?

発達性ディスクレシアは、一言で表すと「極端に文字が苦手」という特性を持った発達障害です。

よく「文字を覚えられない」と捉えられがちですが、全くできないわけではありません。

学習の方法を工夫すれば、その子に合ったペースで覚えていくことができます。
しかし、それは発達障害の存在に気付いて、適切な工夫をした場合です。

発達性ディスレクシアはどのような存在なのか、一緒に知っていきましょう!

文字が苦手な学習障害!? そもそも発達障害ってなに?

厚生労働省では、次のように定義されています。

小児期に生じる特異的な読み書き障害は発達性ディスレクシアとして知られ、知的な遅れや視聴覚障害がなく充分な教育歴と本人の努力があるにもかかわらず、知的能力から期待される読字能力を獲得することに困難がある状態と定義されます。なお読み能力だけでなく書字能力も通常劣っています。

引用元:e-ヘルスネット(厚生労働省)より「学習障害」の一部抜粋
avatar
大竹
……難しいです……。
avatar
青木
大丈夫、大竹さん!?
ちゃんと簡単にまとめて説明しますから!

発達性ディスレクシアは、「学習障害」に分類される発達障害です。
別名「読み書き障害」とも呼ばれます。

学習障害の対象となる複数の機能のうち、「読む」と「書く」の両方に困難があります。
目や耳の問題ではないこと、知的に問題がないことなどが条件です。

avatar
青木
「読む」に困難のあるものは「読字障害(難読症)」、「書く」に困難のあるものは「書字障害」、
と名付けられています。
avatar
大竹
ひとつずつ名前があるんですね。
じゃあ、発達性ディスレクシアは?
avatar
青木
その両方をひとまとめに捉えた名前です。
「読む」が難しい場合は、結果的に「書く」が困難となることが多いんです。
そのため、ひとまとめに「読み書き障害」・「発達性ディスレクシア」と呼ばれています。

【発達障害とは?】

生まれつき脳の発達に特徴があり、「できること」と「できないこと」の差が極端に大きく開いてしまっている障害の総称です。
様々な種類があり、大きく分けて、

  • 注意欠陥多動性障害(ADHD) :じっとしていられない、注意が散漫になる など
  • 自閉症スペクトラム(ASD) :コミュニケーションが取りにくい など(アスペルガー症候群などを含む)
  • 学習障害(限局性学習障害/限局性学習症,LD) :「読む・書く・計算する・聞く・話す」ことに困難が生じる など

この三つに分類されます。

【学習障害とは?】

  • 読む
  • 書く
  • 計算する
  • 聞く
  • 話す

のいずれか、または複数の能力に困難が生じることによって起こる発達障害です。

参考:文部科学省「学習障害児に対する指導について(報告)」(平成11年7月)

【ディスレクシアの語源は?】

ディスレクシア(dyslexia)という言葉には、ギリシャ語でdys「困難」、lexia「読む」という意味があります。

発達性ディスレクシアの特徴ってどんなもの?

「読む/書くのが困難」とは、どのような状態でしょうか?

avatar
青木
大竹さん。
このWeb記事に並んだ文字を見て、どうやって「音」に置き換えていますか?
avatar
大竹
えっ……?
どうやっているのかな。無意識です。
avatar
青木
それは大竹さんに、たくさん文字を読んで来た経験があるからです。脳が高速で処理してくれているんですよ。

文字は、読まなければただの「記号」に過ぎません。
この「音を表した記号」を頭の中でそれぞれ対応する「音」に置き換えることで、人ははじめて「読む」ことができます。

書くことも同じです。
頭の中に浮かべた「音」を対応する記号に置き換えることによって、文字を「書く」ことに成功します。

発達性ディスレクシアを持つ人には、この「記号と音を結びつける行為」が難しいとされています。

誰かに読んでもらって耳から入った情報は理解できますが、自分で読もうとしたり、書こうとしたりすると途端に難しくなってしまうのです。

個人差はありますが、文字という記号が読みづらい/書きづらいといった状態です。
生まれつきの症状である為、文字に対する感覚が他の人とは異なっていることに気付かない場合が多く、「自分は努力が足りない」と思い詰めてしまうこともあります。

avatar
青木
下記は、表面に現れる特徴の例です。

【発達性ディスレクシアの特徴例】

  • 幼児期は文字に興味がない
  • 文字が変質して見える
     (ゆがむ、踊っている、かすむ、
      バラバラになる、刺さるように見える など)
  • 促音拗音の誤りが多い(「っ」「ょ」など)
  • 同音の文字を間違えやすい(「は」「わ」など)
  • 形が近い文字の誤りが多い(「あ」「お」など)
  • 音読がたどたどしく、読むスピードが遅い
  •  読むので精いっぱいで内容が頭に入ってこない
  • 文末を自分で適当に変えてしまう
  •  書くが遅く、よく書き間違える
  •  行やマス通りに書くのが難しい
  • 筆圧の調節が難しい
  • 長文にすぐ疲れてしまう
  • どこを読んでいるのか、書き写しているのかわからなくなる

 など

※個人差があり、例に全部当てはまるとは限りません。
また、当てはまる場合も、軽度~深刻な状態など人によって困難の度合いは異なります。

学習困難と二次障害:対策をせずに放置していると、どうなるの?

発達性ディスレクシアを持っていることに気付かず、何の対策も支援も行わないまま学年が上がっていくと、どうなるでしょうか?
次に起こりかねないのが、他の学習も困難となってしまう事です。

avatar
大竹
勉強には、新しい文字が次々と登場しますよね……。
ひらがなの他にも、カタカナ(片仮名)、漢字、数字、アルファベット……。
avatar
青木
黒板の文字を写しきる前に消されてしまうなど、一斉授業の速度についていけなくなることで、充分な学習ができない恐れもあります。
avatar
大竹
教科書を読んだり、ノートに書き写したりすることにも、文字を使いますね。ここで疲れると、肝心の学習内容が頭に入ってくる前にクタクタです……。

学習困難だけでなく、二次障害を引き起こす可能性もあります。

学習についていけず「わからないこと」がどんどん増えることで、不安な毎日を過ごさなければならなくなってしまうかも知れません。
外見からは障害の存在がわかりづらいため、文字を上手く読み書きできない原因を「努力をしていないからだ!」などと頭ごなしに怒られてしまうかも知れません。

これらの不安や恐怖が要因となり、心に傷を負ってしまうケースも少なくないのです。

学習困難や二次障害におちいらないようにするためにも、早期の支援開始が必要とされています。

【二次障害とは? 】
発達障害が理由で社会に上手く適応できなくなった結果、鬱(うつ)や引きこもりなどを引き起こしてしまう事です。

1学級に1人は読み書き障害?

研究では、一説では日本人の約8%(厚生労働省の解説では児童生徒の3.3%)は読み書き障害があると考えられているそうです。
8%だと25人に1人の割合、3%だと50人中1~2人の割合ですから、およそ1学級に1人は居る計算ですね。

しかし、

  • 発達性ディスレクシア自体の認知度が低い
  • 日頃の会話には問題がないため、外見からはわかりづらい
  • 全くできないわけではなく、何度か繰り返すと読めるようになる

などの要因から、周囲の気づきや本人の自覚が無い場合も少なくありません。
ひらがなやカタカナの習得に問題がなくても、より難しい漢字や英語の勉強が始まってから初めて表面化するケースもあります。

発達性ディスレクシアは早期の支援が大切とされていますが、未就学児や小学校低学年のうちに気付かれることは少なく、支援の開始が遅れてしまうのが現状だそうです。

どんな支援があるの? 周囲にできることは?

 

支援の種類:抱え込まないで! 不安があれば各団体の相談窓口へ

発達性ディスレクシアであることがわかった場合、どこで、どのような支援を受けられるでしょうか。
お住まいの地域によって異なりますが、支援環境には下記のような種類があります。

【支援環境の種類例】

  • 公共の専門窓口・専門の医療機関へ相談する
  • 公共の発達支援センターなどを利用する
  • 各学校の特別支援学級の利用
  • 特別支援学校の利用
  • 発達障害の子どもを対象とした学習塾の利用

受け入れ条件などは各団体によって異なりますので、まずはお住まいの地域にある公共の専門窓口や専門の医療機関などに相談してみて下さい。
自治体のホームページや、地域発行の情報誌にも連絡先が載っていることがあります。
本当に発達障害である確証がなくても、『不安があれば気軽に相談しても良い』と相談窓口を設けている団体もあります。

avatar
大竹
ためしに確認してみたら、
私の住んでいる町では、町役場の広報誌に「発達障害の相談」の記載がありました!
↓こちらの外部リンクからも、
全国の相談窓口を探すことができます
国立障害者リハビリテーションセンター・
発達障害情報・支援センター
相談窓口の一覧

インターネットも活用しよう:情報収集や、同じ悩みをもった仲間に出会える!

インターネットやSNSを上手に活用することも、精神的な負担を減らす上で効果的です。

情報を収集したり、TwitterやFaceBookなどで同じ悩みをもった仲間に出会えるかも知れません。
お住まいの地域になかなか相談できる場所がない場合でも、インターネットを通して相談窓口へ連絡することができます。

子育てと発達障害の情報がいっぱい!
↓ こちらのサイトもご参考下さい! 
横浜市都筑区児童発達支援と放課後等デイサービス
運動・学習療育アップ
運動・学習療育アップへのリンク画像です。
avatar
青木
ひとりで悩まなくてもいいんです。
困ったら、勇気を出して助けを求めてみて!

周囲にできること:身近な人が発達性ディスレクシアを持っていたら?

生まれつきの発達障害を変えることはできませんが、学習困難や二次障害のリスクは対策次第で軽減できます。

「気付く」こと

発達性ディスレクシアへの支援は早ければ早いほど、可能であれば保育園/幼稚園児など小学校入学前の未就学児のうちに、始めた方が良いとされています。
もしお子さんの「ひらがなを覚えられない」様子に違和感があるのでしたら、早期に対策を検討した方が良いでしょう。

「できないこと」を叱るのではなく、「できること」に目を向ける

本人にはどうすることもできない部分を叱るより、得意な部分をひとつでも多く見つけて伸ばす事で、学習意欲や自信に繋がります。
前向きな気持ちを育てることは、二次障害である鬱(うつ)病や引きこもりの発症を防ぐ助けにもなります。

配慮すること

補助があれば、読み書きの負担を少なくして学習することができます。
デジタル教科書やカメラといったIT機器の使用など、本人から使いたいと申し出があった場合は、可能な限り認められる環境を作ることも大切です。

↓海外では、個性に合った学習方法が認められている例もあるそうです。

引用元:Twitterより
―てんねんDr.@adhdsavetheplan

苦手な「読み書き」への対策は? 個人/自宅でもできること

ここまで読み書き障害の特徴や支援について触れてきましたが、個人でもできる対策についてはどうでしょうか。
自宅や通常の学級でも、学習できるなら学習したいですよね。
ここからは、個人や自宅でもできる「読み書きへの対策」をお伝えします。

学習の補助を活用する方法

下記のような工夫をすることで読み書きに対する負担が減り、学習の補助にすることができるといいます。
対策で負担を減らして通常授業に参加する事も、選択肢のひとつです。

【発達性ディスレクシアの学習時の対策例】

  • 見やすい文字の書体やサイズを把握しておく
    (「UDデジタル教科書体」などが、比較的読みやすい書体のようです)
  • シートなどで他の行を隠して読む
  • デジタル書籍などを使い、読んでいる箇所に色をつける・音読機能を使用する
  • 書き写す時は、代わりにIT機器で撮影する・端末に入力する
    (カメラや、パソコン・タブレット端末の利用)

 など

「できること」を勉強の入り口に、楽しく勉強ができる環境にしよう

発達障害に有効な学習方法として、最も多く注目されている方法が下記の二点です。

【幼少期の読み書き障害の対策例】

  • 得意なことを勉強の入り口にする
  • 勉強が楽しくなるような雰囲気をつくる

ひらがなが苦手でも、「これならできる!」「これはおもしろい!」というお気に入りの遊びはありませんか?

「得意なこと」は、その子にとって「最も覚えやすい手段」です。
上手に学習に取り入れられれば、楽しくなって親しみがわき、苦手なひらがなのことも好きになってくれるかも知れません。
文字に触れる機会を、楽しみながら少しずつ増やしていくのです。

avatar
大竹
得意なことや好きな遊びを、「ひらがな」の勉強に取り入れてみて下さい。楽しくなれば、ひらがなの事も好きになってくれるかも知れませんね!

からだを動かすことが得意なら、からだ全体で文字の形をマネてみるのも良いかも知れません。
絵が大好きなら、ネコの絵を描いてから「ね」の文字を一緒に書いてみる、などの方法も良いかも知れません。

自宅でも簡単に挑戦できますので、ぜひ試してみて下さい。

知育玩具(おもちゃ)も教材に! 楽しんで学習することが継続力になります

継続して学習しやすくなるのが、楽しく学べる教材や知育玩具(おもちゃ)を教材に使って学習する方法です。
目でイラストを確認したり、指を使ってパズルを並べたり。
体感を通して文字と触れ合うことができます。

教材や知育玩具は市販されているものも多いので、手軽に購入して試してみることができるのも魅力のひとつです。

ドリル・絵本など

好きな物や、好きなキャラクターと一緒に学べるドリルや絵本なら、学習も楽しく続けられそうですね。

【市販されている知育ドリル・絵本の例】
『ポプラ社の知育ドリル ぜんぶできちゃうシリーズ(40)
 のりものドリル ひらがな 上』
監修/小賀野 実
写真/小賀野 実
写真/山中 則江
出版社:ポプラ社
発売年月:2017年9月
ISBN:978-4-591-15549-3
【外部リンク 参考元:ポプラ社】詳細はこちらから
『よんでみよう!ミニオン あいうえおのえほん』
監/ユニバーサル
出版社:小学館
発売年月:2019年9月
ISBN: 9784097250197
【外部リンク 参考元:小学館】詳細はこちらから

のりものドリルひらがな 上 /ポプラ社/小賀野実posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

ミニオンあいうえおのえほん よんでみよう! /小学館posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

積み木・パズルなど(知育玩具)

積み木やパズルに描かれたイラストを見ながら、ひらがなを学べます。
かな文字を組み合わせて言葉を作るなど、自分で遊び方を工夫することもできます。

【市販されている知育玩具の例】
『ひらがなさいころつみき』
発売元:くもん出版
発売年月: 2007年3月
ISBN:9784774313337
JANコード:4944121544318
【外部リンク 参考元:くもん出版】詳細はこちらから
『ひらがなしりとりパズル』
発売元:くもん出版
発売年月: 2015年10月
ISBN:9784774324197
JANコード:4944121546527
【外部リンク 参考元:くもん出版】詳細はこちらから

ひらがな さいころつみき(1個)posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

くもん ひらがなしりとりパズル HS-10posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

かるた

昔ながらの「かるた」も、ひらがなの学習にピッタリです。
市販品はあえて買わずに、親子で手作りするのも良いかも知れませんね。

【市販されている知育かるたの例】
『いもとようこ あいうえおかるた』
絵/いもとようこ
文/よこたきよし
出版社:金の星社
初版:2017年10月
ISBN:9784323890531
【外部リンク 参考元:金の星社】詳細はこちらから

いもとようこ あいうえおかるた /金の星社/いもとようこposted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

知育アプリ・インターネットゲームなど

遊びを取り入れたひらがな学習ができる知育アプリ(アプリケーションソフト)や、インターネットのブラウザ上で遊べるゲームを利用する方法もあります。

【アプリの例】
『たのしい!ひらがな』
yuki nakamura / Rainbow Mimizu

↓iPhone・iPad
【外部リンク 参考元:App Store】詳細はこちらから

↓Android
【外部リンク 参考元:Google Play】詳細はこちらから

※注記※
ゲームアプリ『たのしい!ひらがな』は各アプリストアで「ダウンロード無料」となっていますが、アプリ内課金有りのアプリケーションソフトです。途中までは無料で遊べますが、「た行」の後は有料となっています。
お楽しみの前に、必ず各アプリケーションソフトの利用規約をご確認下さい。
たのしい!ひらがな

たのしい!ひらがな無料yuki nakamura(2020.01.22時点)posted with ポチレバ

【ブラウザで遊べるゲームの例】
『しまじろうの ひらがな はっくつ ゲーム』
Benesse

【外部リンク 参考元:Benesseしまじろうクラブ】詳細はこちらから

※注記※
お楽しみの前に、必ずリンク元サイトの利用規約をご確認下さい。

【~実際にやってみました~】

上記で紹介したゲーム二種類を実際に遊んでみました。

ダウンロードの待ち時間は、ほとんどありません。
音楽が鳴って、ゲームの開始をわくわくと盛り上げてくれます。
文字をなぞる!タッチ!(「しまじろう」の方はマウスでクリック)

できると……ほめてくれる!

どちらも思い立ったらすぐに遊べる手軽さがありました。
親子でわいわい楽しみながらチャレンジできるのも、ゲームの魅力だと思います。

無理に学習せず、個性に合った「勉強のやり方」を見つけて

興味・感心を持って学習することの効果は、実際に文部科学省へも報告されているようです。

 まず、調査研究協力校における研究では、学習障害児又はそれに類似した児童生徒に対する指導方法として、学習障害児等が興味・関心を持って授業に参加できるような指導や、達成感を持てるような指導が大きな効果を上げたことが報告されている。

引用元:文部科学省 「学習障害児に対する指導について(報告)」(平成11年7月)

発達性ディスレクシアは、読む力に困難がある分、他の感覚を使って覚える力が優れている場合もあるそうです。
ひとりひとりの「この勉強のやり方が楽しい!」を見つけて下さい。
個性に合った勉強方法を早期に見つけておくことで、後々の学習にも備えることができそうですね。

まとめ

それでは、これまでの情報をまとめます。

【まとめ】

  • ひらがなが苦手な原因は、「発達性ディスレクシア(読み書き障害)」にあるかも知れない!
  • ひとりで抱え込まず、相談窓口やインターネットで相談してみよう!
  • 周囲の気付きと理解が大切!
  • デジカメなどのIT機器を補助に使う事で、学習の負担が軽減される!
  • 学習のコツは、「できること・好きなこと」を勉強の入り口にする事!
  • 楽しく学べる教材や、知育アプリなどのIT技術も活用してみましょう!

この記事を読んで、「もしかしたら、発達性ディスレクシアかも知れない……」と心当たりがあるようでしたら、公共の専門窓口や専門の医療機関に相談してみて下さい。
早期に適切な支援を受けることで、今後の学習がしやすくなったり、必要以上の劣等感を抱いてしまうなどの二次障害を防ぐことができたりします。

人間、不得意なことがあれば、得意なこともありますよね。
苦手なことを無理やり繰り返すだけでは、苦手意識ばかりが膨らんで余計に「キライ!」になってしまうものです。反対に、面白いことはどんどん好きになっていきます。
それは発達障害を持つ子も同様です。

この調査を通して、文字に対する「嫌い」を軽減してあげることで、ひらがな学習への心の負担を少なくしてあげることができるのだと感じました。

気付いて知るだけでも、生きづらさを減らすことができます。
個性に合った学習方法を知ることができれば、学びのチャンスもグンと広がるでしょう。
ひらがなはその第一歩なのだと思います。
楽しんで勉強できる環境が広がるといいですね。

悩む方が一人でも減ればいいな……と思って、この記事を書かせて頂きました。
人知れず困っている方、「読み書き障害」について知らなかった方など、一人でも多くの人に情報が届くことを願っています。