皆さんこんにちは!

本日も発達障害等に関する学びや情報交換の場所なることを願って投稿させて頂きます。

今日のトピックは「発達障害 IQ」についてです。

IQは昨今テレビ番組などで取り上げられることが多くなり、皆さんも耳馴染みがあるのではないでしょうか。

これは、元々は知的障害を評価する目的で作られた指標なのです。

発達障害には様々な形があり、知的障害についても色んな形があります。知的障害だけある子供や、ADHD・自閉症スペクトラム障害と合併している子供など様々です。

今回は、一般的なIQテストやその捉え方、ADHDやアスペルガーとの関係について解説しました。

WISC-Ⅳとは?知的障害におけるIQテストの捉え方

WISC-Ⅳとは児童向けウェクスラー式知能検査の略で、5歳0か月から16歳11か月の子供を対象とした知能検査の一種です。いわゆるIQが産出され、その年の子供と比較してどのくらいの知能を持っているかを測定する検査となります。

何らかの発達障害を持つ子供は知的な発達に遅れを伴う場合があり、知的な発達がどれくらいなのかを評価するためにこの検査があります。

自分の子供がWISC-Ⅳを受けて知的な発達の遅れがあると言われたら不安になりますよね。

ここで間違えないで欲しいのは、IQが低いから障害が重いとか、IQが高いから生活に問題が無いとか、そういうことを判断するものではないということです。

医師もこの検査によって知能の発達と、どの項目が苦手かということを判断するのに使用しますが、これだけによって発達障害を診断したり、薬を処方したりということはしません。

その子供の行動の癖や特徴と、WISC-Ⅳの結果を合わせて考えます。そして現状抱えている問題をどのように解決していくか、援助や支援の仕方をどうしていくか考えるためのツールとして捉えるのが良いでしょう。

WISC-Ⅳによる境界知能?動作性IQと言語性IQとは?

知的障害がどれくらいの程度なのか、どれくらい生活が送りにくくなるのか。一応、IQの数値によりそれらが定義されています。

境界知能とは?

一般的に知的障害はIQ70以下と言われ、IQ70~85が境界領域知能と言われています。

これは明らかな知的障害とは言えませんが、環境を選べば自立生活が送れるレベルです。しかし、状況によっては支援が必要な状態です。「状況によっては」というのがミソで、自閉症スペクトラム障害なのかADHDなのか、また個性によっても支援が必要な場面は異なってきます。

その必要な場面と対策を練るために知能検査があります。

WISC-Ⅳの項目は?

以下の4項目から構成されます。

言語理解指標(VCI)

言葉に関するIQを測定する項目です。

知覚推理指標(PRI)

非言語的な思考や推理、空間的な認知や視覚と運動の協調性などを測定する項目です。

ワーキングメモリ指標(WMI)

情報を一時的に脳に保存する機能を測定する項目です。短期記憶に関わるところです。

処理速度指標(PSI)

視覚からの情報をどれだけ早く処理できるかを測定する項目です。

何がわかるの?

これらを検査することで、その子供の苦手なところ、得意なところを客観的に知ることができます。

知的障害のない子供であれば平均的に点数を取ることができます。しかし、発達障害の子供においては全般的に低いか、もしくは点数の差が大きいという結果になり、発達の偏りを示唆するものになります。

ちなみに動作性IQと言語性IQという言葉がありますが、これはWISC-Ⅲの時の指標となります。WISC-Ⅳでは言語性IQは言語理解指標(VCI)に、動作性IQは知覚推理指標(PRI)へと名前を変えています。

発達障害においてはこれらの点数の偏りが出るところは同じとなります。

ADHDの子供はIQが高い?アスペルガーのWISC-Ⅳの特徴は?

 

WISC-Ⅳでは発達障害の種類により典型的な特徴を示す場合があります。

WISCにおけるADHDの特徴

ADHDは不注意と多動・衝動性を主症状とする発達障害ですが、最近になってワーキングメモリとの関連が示されています。ワーキングメモリは一時的に情報を記憶しておくための脳の機能のことです。

ADHDの子供はワーキングメモリが少ない傾向にあり、過去の情報や経験に基づいて状況を判断できないため、その場の思い付きで衝動的に行動したり、注意力散漫になったりするようです。

ADHD全体でみると特別IQが高い訳では無いようですが、経験的には高IQの人たちの中にはADHDの特性を持つ子供もいっぱいいると言われています

WISCにおける自閉症スペクトラム障害の特徴

また自閉症スペクトラム障害においては処理速度指標(PSI)が低下しやすいことがわかっています。しかし、アスペルガーの子供に関しては、過集中することや論理的思考能力が高いことが多いです。

興味の幅も限局しているため、自分の興味がある分野に関してはものすごい才能を発揮して社会に貢献している方もいます。こういった特性から高IQになりやすいのかもしれませんね。

項目別知的障害の対応

 

言語理解指標(VCI)が低い場合

言葉がきちんと受け取るとか、指示を理解するといったことが難しくなります。対策としては、絵で理解することや個別で対応し言語での説明をなるべく少なくしてゆっくり伝えることが大切になります。

知覚推理指標(PRI)が低い場合

視覚情報を整理するのが苦手になり、机の上を整理するとか、ロッカーを整理といったことが難しくなります。この場合は、片付ける場所をラインテープで区切ったり、写真を活用したりすることで視覚情報をわかりやすくすることが効果的です。

ワーキングメモリ指標(WMI)が低い場合

記憶を一時的に脳にとどめておくことができなくなるため、一度にたくさんのことを聞き取ったり、板書をするのが遅くなったりします。この場合は、口頭による指示は簡潔にしたり、指示を口頭でなく視覚を用いて理解してもらったりといった支援が功を奏する場合があります。

処理速度指標(PSI)が低い場合

限られた時間内に課題をこなしたり、素早く行動を起こすことができなくなったりします。この場合は、アウトプットする訓練をしたり、作業の時間配分を事前に決めたりしておくことで、効率よく脳内で処理できる助けになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。まとめると

  • WISC-ⅣによるIQテストは、診断するためのものでなく、支援や援助に役立てるためのツールである
  • WISC-Ⅳは4つの項目があり、発達障害においては項目による差が生じやすい
  • ADHDはワーキングメモリの低下、自閉症スペクトラム障害は処理速度の低下がみられるが、アスペルガーに関しては限られた分野で才能を発揮しやすい
  • 各指標に対応策がある

最後まで読んでいただいてありがとうございました。是非みなさんの子育てやアドバイスに役立ててください。