皆さんこんにちは!本日も発達障害等に関する学びや情報交換の場所なることを願って投稿させて頂きます。

今日のトピックは「発達障害子供をもつ親が綴る育児ブログ」についてです。

avatar
青木
発達障害の子供の子育てって大変。
他のママさんたちはどうやって子育てしてるんだろう…
avatar
大竹
それならブログを見てみてはどうでしょう?
発達障害の子供を育てるママさんが運営しているブログってたくさんあるんですよ。

発達障害の子供の子育てには日常生活への困難さや育て方についてなど、悩みが尽きないものでしょう。

文部科学省の調査では、「特別な支援を必要とする児童は全体の6%程度いる」と言われています。
これはつまり、発達に困難を抱える世のママさんも同じ数だけいるということ。

ならば、その人達の育児体験を知りたくなりませんか?
そんな時に役に立つのが「ブログ」です。

現在、発達障害に関するブログはたくさんあるので実際の生活や生の声を聞けるのはとても役に立つでしょう。

この記事ではその数あるブログの中から、2020年3月現在も更新頻度が多いブログに絞ってご紹介していきます。

それぞれのブログの特徴などもご紹介するので参考にしてみてくださいね。

発達障害の子供をもつ親が綴る育児ブログ一挙にご紹介

ブログでは役立つ情報が得られるのもメリットですが、発達障害をもつ子供を育てる親にとっては励みになる、笑えるようなエピソードもあると自身の子育てもポジティブな気持ちで取り組めるのではないでしょうか。

ブログの中には、一見大変と感じるような発達障害の困難さも「楽しい一コマ」と捉えられるような記事もあるので、自分とはまた違った視点での気づきがあるかもしれませんよ。

ここでは各ブログの特徴も解説しつつ、発達障害のママさんが運営するブログをご紹介していきます。

あぁ、トマコの生きる道

イラストレーター、漫画家としても活動しているトマコさんが3人の子育てを綴っているブログ。
長男の子が発達障害のようですが、障害の種類については不明です。

コミックエッセイになっていて漫画を読む感覚で読めます。
内容もおもしろ要素がありながら、筆者の考えや、想いの伝わるブログで、書籍なども発行されています。

2006年からスタートし2020年3月現在もほぼ毎日更新されていて、非常に長く続いているブログです。

うちの子、個性の塊です

広汎性発達障害の娘をもつSAKURAさんの子育てブログで、2015年からスタートし、現在も定期的に記事が更新されています。

各メディアなどにも記事を寄稿されており、発達障害の特性や療育などの情報を発信されているので、参考になることも多いのではないでしょうか。

ブロブは文章とイラストで書いてあり、楽しく読みやすいのでおすすめです。

自閉症のga9さんとともに♡Happy Life

自閉症スペクトラムの息子さんをもつママさんのブログで2015年からスタートしており、現在もほぼ毎日更新されています。

現在21歳の自閉症の息子さんは就労支援B型事業所で働いているそうですが、幼少期の頃からの日常を綴ってあるので、リアルな日々の生活や成長の軌跡が読み取れますね。

また、イラストや写真を交えて日記にされているので楽しく読めるのではないでしょうか。

最悪!転じてHAPPY★~自閉症スぺクトラム凸凹姉妹の毎日

自閉症スペクトラムの娘さんをもつタマタマヨさんのブログで、2014年からスタートされ、現在も定期的に記事が更新されています。

病院での診断時の話など役に立つ情報も多いことに加え、日々の出来事をおもしろおかしく綴られていて、思わず笑ってしまう要素もあります。

お子さんが3人ということで、子育ての苦労も感じられますが、お笑い要素もあり楽しさが伝わってくるブログですね。

暴れん坊だいちゃん 発達障害ってなぁに?

ADHDとアスペルガー症候群をもつ息子さんの子育てブログで、2016年からスタートし、現在もほぼ毎日更新されています。

お母さんご本人も心療内科にかかるなど大変な経験もあるそうですが、子供が元気に成長できるよう学校に働きかけるなど、積極的に環境の改善に取り組まれているのが伝わってきます。
子供の成長の為に奮闘しているのが伝わってくるブログですね。

息子の気持ちがわかり過ぎます~発達障害凸凹親子の日々~

母子でADHD(不注意優位型)をもつママさんのブログ。
2018年からスタートしていて、現在も定期的な更新がされています。

ADHDにありがちな、不注意やうっかりなできごとの日々を綴られているのですが、親子共にADHDがあるということで、子供の心境がよくわかるそうで、子供の気持ちに寄り添う子育てをされているのが伝わってくるブログです。

渡る世間は珍獣ばかり

ADHD、自閉症スペクトラム、軽度知的障害の娘さんをもつママさんのブログで、2016年からスタートしています。

障害のことやご自身のことなどを綴られています。
療育手帳を取得する経緯や、薬を使った際のことなども綴られていて当事者の方にはとても役立つ情報ではないでしょうか。

学習障害児を持つ親のブログ

学習障害の息子さんをもつママさんのブログで、2017年からスタートしています。

お子さんの識字に難があるようで、症状改善や育児について、かなりの情報収集をされていることが伺えます。
学習障害に関するブログはあまり多くはないのですが、このブログは現在も定期的に記事の更新がされており、学習障害で悩む方にはとても役立つ情報ではないでしょうか。

かなしろにゃんこ。のマンガ絵日記

ADHDの息子をもつかなしろにゃんこさんのブログで、育児の傍らマンガやイラストのお仕事をはじめ、各メディアに記事を寄稿したり書籍も執筆されています。

現在は講演活動などもされ多忙なようで、記事の数はあまり多くはありませんが、各メディアへの掲載記事と併せて読めばたくさんの情報が得られるのではないでしょうか。

サクラサク

自閉症スペクトラムの娘さんをもつママさんのブログで2017年からスタートしています。

旦那さんにもADHDがあるそうで、旦那さんのこと子供のことについて綴られています。
また、子供の発達経過なども詳しく記載されており、とても役立つ情報となるでしょう。

2020年4月より不定期更新となるそうですが、症状を改善するために試していることがたくさんあるそうで、今後もその経過を綴っていくお話を書かれています。

発達障害を持つ母強し時に弱し

シングルマザーで3人の子育てをされているママブログです。

内、2人のお子さんが発達障害をもち、それぞれ高機能自閉症、ADHDをもっており、子供と向き合う日々について綴られています。

家庭での出来事や自身の正直な気持ちを文章にされていて、子育てをされる方には共感できる部分もあるのではないでしょうか。

ブログを読むメリット

発達障害の子供をもつ親御さんのブログを様々ご紹介しましたが、ブログを読むメリットは、当事者の生活や発達の経緯、悩みなどリアルな日常を知る事ができることでしょう。

ご紹介したブログでも、中にはシビアな問題や、簡単には解決できない問題もあります。
実際にそれをどう乗り越えたのかを知ることができるのはブログの良い所ではないでしょうか。

こちらは、先にご紹介したトマコさんのブログを読んでいる方のツイートです。

https://twitter.com/shuerff/status/952001453521973248

子育ての大変さがわかるからこそ、こういった当事者ブログの存在は貴重ですね。

ブログで発信してみるのも良い

ブログを読むだけでなく、自身で発信するのもオススメです。

子育てだけでも大変ですので簡単なことではありませんが、ブログを書くことによって、以下のようなメリットがあると考えます。

・子育ての経験を日記として書き残せる
・読者の方からのメッセージをもらえる
・活動の幅が広がる可能性もある

それぞれその理由を解説します。

子育ての経験を日記として書き残せる

メリットの一つは、子育てを振り返ったり、 思い出にもなりますよね。

また、役所手続きについてなど、具体的な方法や手続きなど記録として残しておくと自分でも役立つことがあるでしょう。

読者の方からのメッセージをもらえる

日記だと、読む人は自分とその周囲の人だけになりますが、ブログにすれば世界中の誰でも読んでもらえます。

悩みや苦労をもつ親御さんはたくさんいるので、その人達の役に立つこともあることでしょう。
中にはメッセージをくれる方もいるかもしれません。

実際に掲載したブログの中には「いつも温かいコメントありがとうございます」といった言葉が添えられている記事もありますね。

こういった、同じ当事者どうしの交流なども子育てへの励みになるのではないでしょうか。

活動の幅が広がる可能性もある

ブログは無料でも始めることができるので、興味があればとりあえずやってみるのも良いかもしれません。

ご紹介したブログでも、各メディアへ記事を寄稿されたり、本の出版、講演などを行うブロガーの方もいらっしゃいます。

もちろん、このような方は長年記事を書いてきて信頼と実績が積みあがっているからに他なりませんので、簡単にこのような活動ができるとは言えませんが、試しにはじめてみるのも良いのではないでしょうか。

自助団体やネットコミュニティ、個人活動への参加

また、ブログでなくとも、地域によっては個人で立ち上げている自助団体やネットコミュニティ、発達障害向けの活動をしている個人の方達もいらっしゃいますので、そういった所へ足を運んでみると、違った人や環境の話を聞けて新たな交流が生まれるかもしれません。

例えば以下のようなコミュニティ、イベントがありますので、参考にしてみてくださいね。

https://twitter.com/kokoronomedia/status/1213012705109364739

子育てをしていると、他の社会との交流が少なくなることもまた事実だと思いますので、気持ちに余裕があれば子育ての傍ら、こういったブログや活動に取り組んでみるのもいいのではないでしょうか。

放課後等デイサービスで交流と療育

放課後等デイサービスとは障害をもつ子供が放課後や長期休暇などに利用する福祉サービスです。

学校外での集団生活や子供の居場所をつくったりすることで、子供と家族を支える役割を担っています。

「子育てに向けたお役立ち情報」を運営するアップでは、集団生活や感情のコントロール、読み書き、ワーキングメモリのトレーニングなど多岐にわたるカリキュラムで子供に「生きる力を身に付けさせる」活動をしています。

子供の療育やトレーニングはもちろん、安心して遊び、学べる場を探している方の助けになるかもしれません。
気になる方はお気軽にお問合せください。

まとめ

ご紹介したママブロガーの方々もたくさん悩み、葛藤しながら子育てをしているのが伝わってきます。

子育てに追われると、他の情報が入って来なくなりがちだと思いますが、ブログをはじめ、コミュニティや様々な活動を見ると、また違った気づきや発見があるかもしれません。

同じ発達障害の子供を育てるお母さんとして、共感や心の癒しにも繋がるのではないでしょうか。