皆さんこんにちは!本日も発達障害等に関する学びや情報交換の場所なることを願って投稿させて頂きます。

今日のトピックは「発達障害聴覚優位の関係」についてです。

発達障害を抱える子どもたちの中には、聴覚優位である子もいます。

ただ、聴覚優位について聞いたことはあっても実際それがどのようなことであるのか、どんなサポートをすれば分からないという方も多いですよね。

この記事では発達障害と聴覚優位の関係性、その特徴と、どのようにサポートをできるのかについて解説していきます。

発達障害と聴覚優位の関係

聴覚優位とは、耳から入ってくる情報処理が得意である一方、文字やなど視覚的な情報処理が苦手である状態のことを指します。

その聴覚優位と対照的であるのが視覚優位。こちらは、耳からの情報処理よりも、視覚的な情報処理を得意とします。それなので、何かを伝える場合は、シンプルな口頭での言葉と一緒に絵を見せて説明するのが効果的となります。

発達障害を抱える人の多くは、これら二つのうちのどちらかに分類されると言われ、一般的に視覚優位である人の方が多いとされています。

ライター体験談

正式な診断をしたことはありませんが、筆者の妹はおそらく視覚優位であると考えられます。

なぜなら、彼女に何かを伝える場合、言葉だけではなく、絵など視覚的な情報を使った方が理解してもらいやすいからです。

聴覚優位であれば、絵を見せる必要は特段ありませんし、むしろ見せることによって混乱させてしまう場合もあるかもしれません。

参照元:こども発達支援研究会なごみ発達障害者の視覚優位と聴覚優位オレンジスクール

聴覚優位と聴覚過敏の違い

さて、聴覚優位と少し似た言葉があります。

聴覚過敏」です。

聴覚優位と聴覚過敏、どちらも発達障害を抱える子どもに見られる様々な特性のうちの一つです。名前は似ていますが、その中身は全くの別物なので、これら二つが混ざってしまわないよう気をつけましょう。

さて、先ほど記した聴覚優位についての簡単な説明はこちらです。

聴覚優位

耳から入ってくる情報処理が得意である一方、文字など視覚的な情報処理が苦手である状態のこと。

一方、聴覚過敏とは以下のような内容になります。

聴覚過敏

感覚過敏(特定の感覚に対してとても敏感で、生活に不便があること)の一つ。大抵の人にとって、気にせずにいられるレベルの音に対して、激しい苦痛や不快感を感じてしまう。

例:掃除機の音を聞くだけで、吐き気を催してしまう

上記の内容から、これら二つの言葉は違う状態を表していることがわかります。

耳からの情報処理能力が優れているからといって、聴覚が過剰に敏感であるとは限りませんし、その逆も然りなのです。

事実、聴覚過敏であっても聴覚優位ではない子供や、逆に聴覚優位であっても聴覚過敏ではない子どももいます。

参照元:LITALICO仕事ナビ

聴覚優位 特徴

avatar
青木
さて、これまで発達障害と聴覚優位の関係について見てきました。
avatar
大竹
次に、聴覚優位の具体的な特徴について得意・不得意に分け、記していきます。

得意なこと

聴覚優位である人は、耳からの情報処理が得意です。

その具体例として、以下が挙げられます。

  • 口頭での指示や説明の理解
  • 音楽を聴いていると、その歌詞をすぐに覚えられる
  • 英語や、その他外国語のリスニングやスピーキング

例えば、学校では先生による口頭での指示が多いです。そのため聴覚優位な子は視覚優位である子よりも、困る度合いが低いと言われています。

また、耳から入る情報処理能力が高いため、複数の指示を一度に、具体的に出すのも良しとされているのです。

会話など音声でのやり取りの方が記憶に残りやすいこともあり、外国語を学ぶ際は、聴覚を使うリスニングやスピーキングが得意であると言えるでしょう。

苦手なこと

聴覚優位の子どもが苦手であることは、耳から入る情報の高い処理能力が裏目に出ることによるものと、それが原因で視覚にもたらされた特徴によるものの、二つに分かれます。

前者から説明していきます。

高い聴覚の情報処理能力によるもの

耳から入る情報を処理するのが長けている聴覚優位。

その能力の高さが裏目に出てしまうことによる苦手項目は以下となります。

  • 賑やかな場所での会話
  • 音楽を聴きながら作業すること

例えば、聴覚優位である子と賑やかなカフェで二人で会話するとします。

カフェでは二人の会話以外にも、周りのお客さんの声、お皿を片付ける音、BGMなど、たくさんの音であふれていますよね。

通常であれば二人の会話以外の音は、脳が「必要ない」と判断してシャットアウトしてくれて、会話に集中することができます。

しかし、聴覚優位の場合それが難しく、話し声や雑音を全て等しく処理しようとする場合もあります。

つまり、どの音が自分が今聞くべきものなのかが分かりづらくなってしまうかもしれないのです。

また、音楽を聴きながら作業すると、その音楽に聞き入ってしまい集中することが困難になってしまうかもしれません。

線優位性によるもの

線優位性とは、視覚において色の認知よりも線などの境界線を認知することが得意である状態を指します。

多くの聴覚優位である人の視野は、線優位であると言われています。

線優位であると、色覚が偏っていたり、微妙な濃淡がわからなかったりするので、立体的な空間がすぐに認知できない場合もあるのです。

立体的な空間が把握できないと、以下のようなことが起きます。

  • 人の顔を把握する・覚えるのに時間がかかる
  • 奥行が分からないので、遠くにある壁がとても近くに感じる
  • 暗い道の中階段を下りているとき、段差がわからない

そして、聴覚優位への偏りが特に強い場合は、相手の顔や表情を読み取る事の出来ない、相貌失認となる可能性もあるようです。

avatar
青木
次に、これらの苦手に対して、どのようなサポートをすればよいのかについて記していきます。

参照元:こども発達支援研究会兵庫県立芦屋特別支援学校山の力

聴覚優位 サポート

聴覚優位である子どもに対して、どのようなサポートをしていけばよいのでしょうか。

先ほど述べた苦手なことに沿って、説明していきます。

静かな環境を用意する

何か集中する必要のある作業をする場合は、音で思考が邪魔されることのないような静かな場所を用意してあげましょう。

雑音だけではなく、先ほど苦手の項目でも説明したように音楽を聴くことでも集中できにくくなってしまうので、BGMは流さない方がおすすめです。

もし静かな環境が用意できなかった場合は、耳栓や防音用のイヤーマフをつけてもらうこともできます。

顔写真を用意する

発達障害に限ったことではありませんが、「名前と顔が一致しない」という状況によく陥ります。

その対策として、覚えたい人の顔写真と、名前をセットにしたものなどを用意してみましょう。

もしくは、一緒にその人物と写真を撮ってもらう事もできますね。

定期的に見返し、その人の名前を声に出すことで、顔も徐々に覚えられるかもしれません。

話しかける時は、相手の目を見る

聴覚優位の子供は、耳から入る情報の処理能力が優れています。そのため、もし複数の音が同時に耳に入っている場合、それらを全て同等に処理している可能性があります。

avatar
大竹
先ほどのカフェの例でもありましたね。

話す時は、目と目をしっかり合わせることによって「自分に話しかけているんだ」と思ってもらうようにしましょう。

こうすることによって、誰が自分に話しかけているのか、どの音が今の自分にとって必要なのかが、分かりやすくなります。

学習について

音で聴く内容の情報処理が長けているので、教科書などは黙読せず、音読などすることがおすすめです。

また、何かを記憶する場合も、語呂合わせやリズムにのっとって行うことが効果的であると言われています。

最近はスキャンして読み上げをしてくれるアプリなどもあるので、そちらを使うのも良いかもしれませんね。

勉強時間を決める場合は、時計を見て「○○時まで」とするのではなく、タイマーなど音で終了時間を知らせてくれるものが良いでしょう。

avatar
青木
聴覚優位は、発達障害における様々な特性のうちの一つです。
avatar
大竹
そして、その偏りは人それぞれ。本人に合ったサポートを模索し、実践していきましょう。

参照元:こども発達支援研究会発達障害者の視覚優位と聴覚優位オレンジスクール兵庫県立芦屋特別支援学校

聴覚優位に関する本

聴覚優位に関しては、視覚優位と共に記されているもあります。ぜひ以下の本を参考にして、理解を深めてみてください。

「不思議の国のアリス」の著者、ルイス・キャロルが聴覚優位だったことはご存知ですか?聴覚優位の他にも、視覚優位など様々な認知様式を扱った書籍はこちら。

天才と発達障害 映像思考のガウディと相貌失認のルイス・キャロルposted with ヨメレバ岡 南 講談社 2010年10月07日頃 楽天ブックスAmazon

ギフテッドとは、発達に偏りがあるが天才的な才能を持つ人たちの事。聴覚優位型の見え方の障害について触れられている本はこちらです。

「ギフテッド」天才の育て方posted with ヨメレバ杉山登志郎/岡南 学研教育出版 2009年12月 楽天ブックスAmazon

放課後デイサービスという選択も

近年、発達障害を抱える子どもを対象としたデイサービスが増えています。

神奈川県横浜市にあるアップも、そんなサービスを提供する施設のうちの一つです。

ここでは、一人一人の特性に合った運動や学習療育を行っていきます。学校やその他生活での不安などがある場合など、ぜひお気軽にお問合せください。

まとめ

発達障害を抱える子どもは、視覚優位もしくは聴覚優位になることが多いと言われています。この記事では、聴覚優位について説明してきました。

聴覚優位の子供は視覚優位である子の人数と比べると少ないです。そのため、発達障害支援サポートの内容が視覚優位である子のためのものに偏っていることは少なくありません。

もし子供が聴覚優位であるようで、視覚優位である子のためのサポート方法を行っていた場合は、それを見なおした方が良いかもしれません。

聴覚優位の偏りは人それぞれですが、その優れた耳からの情報処理能力と線優位である視界によって、生活上には利便だけではなく、不便ももたらされる事があります。

正しいサポートで聴覚優位の得意を活かし、苦手は制して、より過ごしやすい生活を送ることを目指していきましょう。