皆さんこんにちは!本日も発達障害等に関する学びや情報交換の場所なることを願って投稿させて頂きます。

今日のトピックは「発達障害作業療法」についてです。

作業療法とは、障害によって日常生活に必要な動作に不自由さ、困難を抱える子供達に、社会への適応力を身につけるべく行う治療や指導を言います。

また、この作業療法を行う専門職を作業療法士(OT)と言います。

avatar
青木
障害を抱えた子供の保護者にとって、頼りになる存在ですね。

では、具体的な作業療法とは、どの様な内容でしょう。

この記事では、作業療法士が行う発達障害の作業療法について解説していきます。ぜひ参考にご覧下さい。

発達障害においての作業療法

作業療法士は理学療法士、言語聴覚士と同じくリハビリ職のひとつで、国家資格取得者でもあります。

対象となる患者は多く、身体に衰えのある高齢者・病気や怪我の影響で体に麻痺のある身体障害者、そして発達障害を抱える子供達など様々です。

発達障害は「先天性の脳機能障害が原因」と言われ、障害による成長への影響は「成長の凸凹」と表現される様に、抱えている子供によって様々です。

Aの子供の対応が、Bの子供に適しているとは限りません。

発達障害においての作業療法は、子供の抱えた障害を確かめ、子供に適した作業療法を提案し、心身共に回復を図ります。子供に最適な作業療法を行うことで脳に刺激を与え、苦手となる動作の改善につなげていくのが作業療法士の主な役割です。

avatar
大竹
立派な仕事ですよね。

遊びから成長を促進

発達障害を抱えている子供は、体の動きに関しても苦手を抱えている場合が多くあります。

例えば、走る・ジャンプする・座る姿勢を維持するなど、体全体を使う粗大運動が苦手な子供。また、お箸が正しく使えない・洋服のボタンをうまくとめれない・鉛筆を正しく持てないなど、微細運動が苦手な子供も少なくありません。

さらに、DCD(発達協調性運動障害)という発達障害を抱えている子供もいます。

これらの子供に提案していく作業療法が、おもちゃや遊びを取り入れた療法です。

avatar
青木
DCDに関しては関連記事があります。良ければ併せてご覧下さい。

おもちゃや道具を使ったリハビリ

発達障害を抱えた子供達のリハビリとして、道具を使った少人数でのレクリエーションがあります。

下記動画では、赤、黄、青の3色に分けられた棒状の道具を使って体験している内容です。笑い声も聞こえるなど、とても楽しんでいることが分ります。

ただ単に遊んでいる様に見える内容ですが、

  • コミュニケーションのリハビリ
  • 色を見て判断する脳のリハビリ
  • 運動能力のリハビリ など

様々な効果の改善が期待できます。ポイントは楽しみながら行えることです。楽しめる環境で遊びながら、着実に脳の成長を促していくことに繋げていきます。

最初はできないかもしれませんが、取り組むことで少しずつできることを増やしていくことが大切です。

avatar
大竹
普通に楽しそうですね(笑)
avatar
青木
道具も自分達で作る所から始まります。その過程も様々な刺激になりますよね。

参照元:福岡医健・スポーツ専門学校

様々な作業療法

作業療法は、道具を使って行うものだけとは限りません。トランポリンやブランコなど、遊具を使って様々な刺激を脳に与え、成長を促します。

また、保護者や他の子供と役を演じて楽しむことも、立派な作業療法のひとつです。さらには、積み木を積み上げたり、ボールを持って投げたりなども色々な刺激から脳の成長を促していきます。

最初はゴムボールを上手く持つことすらできなかった子供が、持つのに必要な力加減や持ち方を学ぶことで、正しく持つことができる様になるのです。

正しく鉛筆を持てない、正しくお箸が持てないなども、作業療法を取り組むことで改善が見込めるでしょう。

保護者への支援

保護者支援も作業療法士の大切な取り組みと言えます。

定型発達児とは違い、発達障害を抱えた子供の育児は「普段通り」にいかない場合がほとんどです。何度説明しても覚えてくれず、何度も急に飛び出すなど、「親の育児方法が悪い」と悩み続け、精神障害を抱えてしまう保護者も決して少なくありません。

発達障害の症状は人により様々です。子供の特徴や傾向に対し、家でも取り組める方法などの指導により、親子共に心身の回復を図るのも作業療法士の役割になります。

作業療法士って何処にいる?

作業療法士は、対象となる患者によって働く場所も異なります。

  • 高齢者のリハビリを目的とした、介護施設、デイサービス施設
  • 身体障害者のリハビリを目的とした医療施設、リハビリ施設
  • 精神障害のリハビリを目的とした医療施設
  • 発達障害の子供達のリハビリを目的とした医療施設、デイサービス施設

施設によっては常駐していないことも考えられます。作業療法士に相談してみたいという人は、事前に確認しておく必要があるでしょう。

まとめ

発達障害の作業療法とは、「遊び」を通じることで脳の成長を促し、できなかったことをできる様に指導していく療法です。

作業療法士は、発達障害を抱えた子供達に、それぞれに最適の作業療法を提供し、心身ともに回復を図っていく素敵な職業と言えます。