皆さんこんにちは!本日も発達障害等に関する学びや情報交換の場所なることを願って投稿させて頂きます。

今日のトピックは「疲れやすい発達障害の関係性」についてです。

「疲れ」は誰にでもあることですが、発達障害を抱えている人は、それ以上に「疲れやすい体質」が原因しています。発達障害と疲れには密接な関係があるのです。

この疲れやすい体質により、不安を抱えている人は少なくありません。

avatar
大竹
発達障害の影響による疲れには、様々な理由が考えられます。
avatar
青木
その理由を明確にすることで改善が見込めるかもしれません。

この記事では、発達障害と疲れの関係・その対策について解説していきます。

疲れやすい理由

発達障害の影響により、日々様々な出来事による情報の整理や咄嗟の判断、臨機応変な対応など苦手な人が多くいます。この為、様々なことにストレスを感じやすく、結果的に疲れやすくなるのです。

主な具体例として下記が挙げられます。

  • 拘りが強く、周囲に合わせることが難しい為
  • 集中し過ぎてしまう為
  • 照明の明るさ、周囲の物音に不快さを感じる為
  • 周囲から指摘を受けることが多い為 
  • 周囲から理解を得られない為 など
そもそも発達障害とは?

先天性の脳機能障害の影響により、定型発達に比べて成長に極端な差が生じてしまうことで、生活に支障が生じる障害の総称を言います。

拘りが強く、周囲に合わせることが苦手

発達障害を抱えた人には「こだわりが強い」特徴を持った人が多くいます。

自分の好きな色や道具、遊び場や物事の手順など、他人のペースに合わせるということが苦手です。

また、空気を読んだ発言なども苦手の為、話し相手を知らない間に傷つけてしまうという場面も。

周囲の気配りに意識を向けなければならず、気疲れを起こしやすいのです。

集中し過ぎてしまう

物事に集中して取り組むことは悪いことではありません。

しかし、発達障害を抱えている影響から過集中(集中し過ぎてしまう状態)になりやすい人は多くいます。

特に、好きなことに対する取り組みは過集中に陥りやすく、結果疲れやすくなってしまうのです。

照明の明るさ、周囲の物音に不快さを感じる

発達障害を抱えている人は、感覚過敏を併存していることが少なくありません。

感覚過敏とは、視覚や聴覚など人間にある五感に「生活に影響するほど不快に感じる感覚」がある症状を言います。

  • 視覚過敏:照明が眩しい・晴れの日に外が眩しく見える
  • 聴覚過敏:周囲の物音や話し声、生活音などが煩く感じる
  • 触覚過敏:他人に触れられるのが苦手・嫌いな感触がある など

周囲の環境によってストレスを感じやすくなる為、疲れやすいのです。

周囲から指摘を受けることが多い

発達障害の難しい所は、周囲から判断することが難しいということです。

発達障害という言葉は2000年頃の法改正以降、メディアに取り上げられることで世間に周知されるようになりました。ですが、詳しい内容に関して把握している人は多くありません。

「障害」という言葉だけが先走り、「偏見」を持たれることが多いのです。

出来て当然が「出来ない」・悲観的思考

「会話してたら、相手を怒らせてしまった」

「何故みんな出来ることが出来ないの?と怒られた」

「毎日注意を受けた」

など、「褒められる」ことより「注意、叱責を受ける」場面が多く悲観的になりがちです。ストレスも溜まりやすくなってしまいます。

周囲から理解してもらえない

健全な人に比べ見え方や感じ方が違う為、それを説明しても理解してもらえないことが多くあります。

障害や感覚過敏の特徴は、抱えている本人にしか分からない為です。この為、周囲から理解を得られることが難しい場面も少なくありません。

その結果、「怠けている」「わがまま」「すぐ慣れる」

と強要させる状況になりかねないのです。

疲れの対策

規則正しい生活を心がける

ストレスは生活習慣の乱れによっても影響します。発達障害の影響により疲れやすいと解説してきましたが、発達障害の影響により睡眠障害に悩まされている人も多くいます。

普段の生活リズムを整えることは、快眠を取れると言えるでしょう。

厚生労働省でも睡眠について情報を公開しています。

体の中には体内時計があり、睡眠のタイミングを決めるだけではなく、前もってホルモンの分泌や生理的な活動を調節し、睡眠に備えてくれます。これらの準備は自分の意志ではコントロールできません。規則正しい生活こそが、体内時計を整えそこにプログラミングされている睡眠を円滑に行う秘訣なのです。

引用元:厚生労働省 e-ヘルスネット
avatar
青木
湯船に浸かって疲れを取ることも大切ですよ。

対策アイテムを活用する

視覚過敏や聴覚過敏、過集中などによる疲れは、対策アイテムを活用することで軽減が見込めます。

視覚過敏

一般的にはツバのある帽子、フード、サングラスなどで対策が可能です。目からの刺激が強過ぎる為、目の刺激を軽減させるアイテムは効果的と言えます。

聴覚過敏

不快な音を軽減する為、イヤーマフや耳栓を活用するのが効果的です。ただ、これらのアイテムは遮音性は優れているものの、完全に音を遮断することはできません。

3M PELTOR イヤーマフ X1A(1コ入)posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

過集中

スマホなどのアラーム機能を活用し、「時間を決めて取り組む」ことを意識しましょう。過集中に陥ると時間の流れを忘れてしまう為、生活リズムを崩しやすくなります。

取り組む時間を決めておけば、過集中の軽減にも繋がります。

周囲の理解と協力

症状の緩和、軽減の為には周囲の理解と協力が不可欠です。しかし、「周囲に迷惑をかけたくない」「障害を抱えていると知られたくない」などの理由から周囲に打ち明けられず、1人で悩んでいる人も少なくありません。

1人で悩むことは避け、相談できる機関を利用しましょう。

など、無料で相談出来る専門機関が全国にあります。施設によっては、医療機関の紹介、就業のサポートなどにも対応しています。

avatar
大竹
事業内容は、各施設により様々です。相談の前にご確認下さい。
発達障害っていつ分かる?

障害を抱えていると診断される時期は人によって様々です。
早ければ1歳半健診や3歳児健診がきっかけとなる場合もあれば、成人になってから分かるという場合もあります。

ただ、発達障害は生まれつき「脳の機能障害」が原因と言われている為、急に発症するということはあり得ません。

つまり、成人になってから診断された場合、発達障害と知らずに(または悩みつつも)相談をしてこなかったと言えるでしょう。

SNSの活用

TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSを活用し、情報を発信する発達障害や感覚過敏を抱えた人達が沢山います。

avatar
青木
これなら出来そう!ということは是非活用していきましょう。

子供の療育、保護者の休息も大切

発達障害や感覚過敏など「生きづらさ」を抱えた子供の育児は大変です。本人は勿論、保護者の負担も計り知れません。

障害を抱えた子供の療育、また保護者の一時的な休息も大切です。このようなことから「デイサービス」を提供する事業が増えてきています。

横浜市都筑区児童発達支援と放課後等デイサービス 運動・学習療育アップ

児童発達支援と放課後等デイサービス 運動・学習療育アップ

また、子育てに向けてのお役立ち情報では、発達障害に関する情報記事を多数公開しています。

avatar
大竹
よければ併せてご覧下さい。

まとめ

発達障害や感覚過敏を抱えた人は、一般の人に比べて疲れやすい場面があります。勿論、疲れるのは誰にでもあることです。

しかし、「普通」が出来ない悩み、苦手な「環境」などからくる「生きづらさ」が影響しています。

最近になって発達障害に対する支援、環境の整備は整ってはきました。しかし、全ての人に行き渡っているとは限らず、追いついていないのが現状です。

1人で悩むことはせず、相談できる環境、機関を利用し、症状の軽減に向けた治療を行なっていくことをお勧めします。